ロゴ

大規模修繕工事の適切な時期を知る

建物の劣化に合わせて工事

男の人

大規模修繕工事の周期

大規模修繕は、基本的に12年周期に行なうのが良いと言われています。しかし、環境によって劣化の度合いは異なるので異変があればすぐに業者に確認してもらうようにしましょう。そして、必要であれば工事をするようにして下さい。

まとめて工事をすると良い

工事には決して安くはない費用がかかってきます。ですから、外壁だけ工事をしたり防水工事だけを行ったりしてしまうと費用がかさんでしまうのです。そうならないようにするためには、12年周期を守って一度で大規模修繕工事を行なうようにしましょう。

大規模修繕工事の資金不足に関する比較

工事の周期を遅らせる

一般的に大規模修繕工事は12年サイクルとなっています。しかし、劣化の具合を見て12年より遅らせたり早まらせたりして下さい。そうして、資金がある時に大規模修繕工事を行なうと良いでしょう。

内容を見直してみる

大規模修繕工事が今現在必要であるのかを見直してみることも大切になります。判断が難しいのであれば専門知識のある人に見てもらうようにしましょう。そうすることで、工事費用を抑えられたり工事時期をずらせたりして資金不足を解消できる場合もあります。

適切な大規模修繕工事を・・・

大規模修繕工事には12年周期が相応しいと言われています。しかし、場合によっては工事時期をずらせることもできるので適切な時期に工事をするようにしましょう。

広告募集中